雑食サッカー情報局

管理人の趣味と興味で情報をまとめていくサイトです。

    1: 名無しの雑食君 2020/07/19(日) 12:55:57.23 ID:CAP_USER9
    かつて日本代表も率いたアルベルト・ザッケローニ氏が、監督業からの引退を明かした。イタリア『チェゼーナ・トゥデイ』が伝えた。

    ザッケローニ氏は、監督としてウディネーゼやミラン、ラツィオ、インテル、トリノ、ユベントスと指揮。イタリアのビッグ3全てで指揮を執るなどの功績があった中、2010年9月に日本代表の監督に就任した。

    2010年の南アフリカ・ワールドカップでベスト16入りした日本を率いたザッケローニ監督は、就任から16戦負けなし。2011年のアジアカップでは決勝でオーストラリア代表を下して優勝するなどの功績を残した。

    しかし、2014年のブラジル・ワールドカップでは、大きな期待を寄せられた中3戦未勝利、1分け2敗でグループステージ敗退。そのまま退任となっていた。

    その後は、北京国安、UAE代表の監督を歴任。しかし、2019年1月以降はフリーとなっていた。

    17日、自身の故郷でもあるチェゼナーティコで行われたパーティに参加したザッケローニ氏がインタビューに応対。古巣のミランやセリエAについて語る中で、日本代表監督時代についても語った。

    「特別な4年だった。世界のどこにも存在しないほど、そこにはリスペクトがあった。天皇陛下に会った時、2500人の人がいた。しかし、彼は私に手を差し伸べてくれた。これは今までになかったことだ」

    「人々は彼らを目にした時、泣き始めた。その国を去ることがとても大変だった。3日間涙した」

    「ある女性からは、生まれたばかりの息子にザックという名前を付けたとも聞いた」

    また、自身の今後についても問われると、意外な返答が。監督としての仕事を行わないと明かした。

    「私はもうトレーニングしない。チェゼナーティコで、私の家族との時間を楽しみたい」

    7/19(日) 12:35 超ワールドサッカー
    https://news.yahoo.co.jp/articles/56db32379f0748e3966e00e9b1cd285b6c4323c0

    写真
    no title

    【元日本代表監督のザッケローニ氏、監督業を引退へ】の続きを読む

    1: 名無しの雑食君 2020/07/19(日) 13:05:10.55 ID:CAP_USER9
    MF柴崎岳が所属するデポルティボは20日、スペイン2部リーグ残留をかけてフエンラブラダと対戦する。スペイン紙『マルカ』によると、アトレティコ・マドリーから期限付き移籍中のMFビクトル・モジェホ(19)は試合前取材に「降格は履歴書の大きな汚点となる」と述べ、自身のためにもクラブの残留が必要だと強調している。

     デポルティボは現在スペイン2部B(実質3部)降格圏内の19位。17~18位との勝ち点差は1に迫っているが、自力での残留はできない状況となっている。それでもモジェホは「奇跡は必要としない。フエンラブラダに勝利すれば、自分たちを救える大きな可能性がある。最終節に勝てないチームはある」と希望を語る。

     もしクラブが降格しても、期限付き移籍でやってきたモジェホには帰る場所がある。しかしながら、チームの結果は自身の貢献度に対する評価にも関わる。モジェホは「プロとしての最初の年に降格するのは自分たちの履歴書の大きな汚点となる。まだデポルが降格を避けるための選択肢はある」と語り、降格から救うことに集中する姿勢を示した。

     現在3連敗中のチームはフェルナンド・バスケス監督のベンチ入り停止処分が続いており、MFエムレ・コラクが練習参加を拒否するなど、トラブルが相次いでいる。「ロッカールームは崩壊している」。そう明かした19歳だが「キャプテンが励ましてくれるし、いまは最終戦に集中している。精神的に強くなり、勝ち点3を取らなければならない」と意気込む。

     何より19試合勝ちなしで最下位に沈んでいた昨年末の惨状を振り返ると、残留のチャンスがある現状ですら前向きに見えてくるようだ。「デポルティボは決して諦めない。自分たちを救済するチャンスがあるというのは12月には考えられなかったんだ」。19歳にして6ゴール4アシストという結果を残す背番号11は最後の一戦に全力を注ぐ。

    7/19(日) 9:28 ゲキサカ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3e68baf07a27e5adfdf2095c13eeb2a212f9bc66

    写真
    no title

    【柴崎岳、ロッカー崩壊”のデポル、19歳MF「3部降格は履歴書の大きな汚点に…」】の続きを読む

    no title


    1: 名無しの雑食君 2020/07/19(日) 09:28:41.71 ID:oGBSIZVna
    誰ンゴ!?
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【「この異常にサッカーに詳しいアイドルは誰!?」サッカー番組に出演した美少女にサッカー業界騒然!!】の続きを読む

    1: 名無しの雑食君 2020/07/19(日) 02:17:59.12 ID:oBkEKrqa9
    前半32分、競り合い直後のプレーで退場処分 問題シーンにファンも反応

    no title


    18日の第5節でベガルタ仙台と北海道コンサドーレ札幌が2-2と引き分けた。この一戦で前半32分に札幌MF荒野拓馬が相手を蹴り上げて一発退場となったなか、その行為が波紋を呼んでいる。

    【動画】「当たり前」「報復行為、レッドは当然」と波紋! 札幌MF荒野拓馬、仙台MF関口訓充を蹴り上げて“一発退場”の瞬間
    https://www.football-zone.net/archives/272855/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=272855_6

     試合は前半23分、FWジャーメイン良の一撃で仙台が先制。問題の場面は前半32分に起きた。仙台MF関口訓充と荒野が空中で激しく競り合い、両者がもつれながら地面に着地。その直後、荒野が関口の腕を払いながら右足で体を蹴りつけた。

     主審が試合を止めて荒野のレッドカードを提示。一発退場に納得がいかない様子の荒野は審判に食って掛かり、両軍の選手が仲介に入るも感情を露わにしている。

     数的不利となった札幌は、後半15分にもMF椎橋慧也に被弾。それでも直後の後半17分にタイ代表MFチャナティップが決めて1点差に詰め寄ると、後半アディショナルタイムにDF田中駿汰が同点ゴールを決めて2-2のドローに終わった。

     札幌の巻き返しに驚きが広がっている一方、荒野の退場にファンがSNS上で反応。「蹴ってるから当たり前」「反省しなくちゃ」「報復行為、レッドは当然」などの声が上がっており、波紋が広がっているようだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/20ee02cb7be8e18fad609171161cdc7aa5c77627

    【札幌MF荒野が憤怒!仙台MF関口を蹴り上げて“一発退場”シーンに波紋】の続きを読む

    1: 名無しの雑食君 2020/07/19(日) 05:54:31.19 ID:wwq7W8gs9
    7/19(日) 5:42
    超WORLDサッカー!
    オーバメヤンの2発で前回王者シティを破ったアーセナルが3大会ぶりの決勝進出!《FAカップ》

    FAカップ準決勝のアーセナルvsマンチェスター・シティが18日にウェンブリー・スタジアム行われ、2-0でアーセナルが勝利した。


    準々決勝のシェフィールド・ユナイテッド戦をダニ・セバージョスの劇的弾で勝ち上がったアーセナルは、ミッドウィークのリバプール戦(2-1で勝利)から先発メンバーを5人変更。ブカヨ・サカやネルソン、トレイラらに代えてオーバメヤンやダニ・セバージョス、ベジェリンらを先発で起用。3トップにペペ、ラカゼット、オーバメヤンを並べた[3-4-3]の布陣で試合に臨んだ。

    一方、準々決勝でニューカッスルを下した前回王者のシティは、現在リーグ戦3連勝と好調を維持。大会連覇に向けてグアルディオラ監督は、直近のボーンマス戦から先発メンバーを5人変更。ベルナルド・シウバやフェルナンジーニョ、ストーンズらに代えてスターリングやデ・ブライネ、ラポルテらを先発で起用。[4-3-3]の布陣で3トップには右からマフレズ、ガブリエウ・ジェズス、スターリングと並べた。

    グアルディオラ監督とアルテタ監督の師弟対決となった一戦は、立ち上がりからシティが優勢に試合を進めると4分、敵陣バイタルエリアでのボール奪取からカウンター。ギュンドアンのパスでボックス左深くまで侵入したスターリングが折り返しを入れるが、これは相手DFが先にクリア。

    対するアーセナルは19分、ラカゼットのパスをボックス右横で受けたペペのクロスをファーサイドのオーバメヤンがショートバウンドしたボールをすべり込みながら合わせると、右ポストの内側に当たったボールはそのままゴールに吸い込まれた。

    相手ボックス付近までは迫るも崩すには至らないシティに対し、先制したアーセナルは41分にもセットプレーからムスタフィがヘディングシュートでゴールを脅かしたが、これはGKエデルソンの好セーブに阻まれた。

    迎えた後半、先にチャンスを作ったのは1点を追うシティ。49分、シルバのパスをボックス左横で受けたデ・ブライネがボックス内を窺いながら折り返しを供給。走り込んだスターリングが左足で合わせたが、このシュートはわずかにゴール右に逸れた。

    後半の主導権を握るシティは、54分にも右サイドからボックス内にカットインしたマフレズが左足でゴールに迫ったが、ニアサイドを狙ったシュートはGKマルティネスが左手一本でセーブ。さらに61分には、ボックス左手前で獲得したFKをデ・ブライネが直接狙ったが、これはわずかにゴール左に外れた。

    1点が遠いシティは、66分にマフレズとギュンドアンを下げてフォーデンとロドリを投入。しかし、再びスコアを動かしたのは防戦一方だったアーセナル。

    クーリングブレーク直後の61分、自陣からのカウンターを仕掛けるアーセナルはティアニーが左サイドのスペースへロングパスを供給。このパスで裏に抜け出したオーバメヤンがそのままボックス左まで持ち上がり、GKとの一対一を制してネットを揺らした。

    試合終盤にかけては再びシティが押し込む展開が続いたが、集中して守るアーセナル守備陣から最後までゴールネットを揺らすことが出来ず。試合はそのまま2-0でタイムアップ。師弟対決を制したアーセナルが、3大会ぶりの決勝進出を決めた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/712e6e3f0e284202621f3ccc69e6f1b2cebec0e7
    no title

    【FAカップ、オーバメヤンの2発で前回王者シティを破ったアーセナルが3大会ぶりの決勝進出!】の続きを読む

    このページのトップヘ