雑食サッカー情報局

管理人の趣味と興味で情報をまとめていくサイトです。

    南野拓実 特集

    1: 名無しの雑食君 2020/07/16(木) 15:25:40.17 ID:LuWJnDdK9
    プレミアリーグ第36節、9位アーセナルと首位リバプールの試合が現地時間15日に行われた。アウェイのリバプールが1-2の敗戦を喫した。リバプールに所属する日本代表MF南野拓実は61分に途中出場を果たした。
     

     20分にサディオ・マネのゴールで先制したリバプールだったが、32分と44分に自分たちのミスから失点。結局、逆転することはできず、リバプールは敗戦を喫した。

     南野は投入直後の63分、マネの縦パスを受けペナルティエリア左に侵入。ダビド・ルイスにマークされながらも、前を向いて左足のシュート。これは惜しくもゴール右に外れたが、投入直後から積極的にゴールを狙った。

     米メディア『ESPN』はユルゲン・クロップ監督に7(最高10)と高評価。「勝ち点を得るのに十分ではなかったとしても、南野を投入するという彼の選択はチームのプレーを活性化させた」と南野についても触れている。同メディアは南野に対してチーム2位タイの「7」をつけ、「とても生き生きしていた。リバプールの攻撃陣にエネルギーを注入した」と評価している。

     英メディア『スカイスポーツ』は及第点の「6(最高10)」をつけた。地元紙「リバプールエコー」は「7」をつけ、「投入直後、少し横にシュートを引っ張った。リバプールの攻撃陣にエネルギーを与えた」としている。

     リバプールは残り2試合。次節はチェルシーと対戦する。リバプール加入後、未だ得点のない南野だが、今季終了までに移籍後初得点を決めることができるだろうか

    7/16(木) 14:05 フットボールチャンネル
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1fdc190a249cc52baf231f010911ba07627ae2ab

    写真amd/20200716-00381008-footballc-000

    2: 名無しの雑食君 2020/07/16(木) 15:26:36.84 ID:LuWJnDdK0
    >>1

    訂正

    写真
    no title

    【南野拓実、アーセナル戦途中出場で各紙高評価!「攻撃陣にエネルギーを与えた」】の続きを読む

    20200222-00363931-footballc-000-1-view


    1: 名無しの雑食君 2020/07/11(土) 16:06:51.19 ID:DhqvqRjB9
    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、プレスカンファレンスでFW南野拓実のパフォーマンスに言及した。10日、クラブ公式サイトがその様子を伝えている。

     今冬の移籍市場でリヴァプールに加入し、ここまで公式戦11試合に出場している南野。しかしここまで得点に絡むことはなく、出場も国内カップ戦が中心となっておりなかなかそのポテンシャルを新天地で発揮することができていない。だがクロップ監督は、南野がリヴァプールで輝きを放つ時が来ることを確信しているようだ。11日のバーンリー戦を前にしたプレスカンファレンスで、日本代表のアタッカーについてこう語った。

    「点を取ることに関して、彼はとてもアンラッキーだ。すでに2、3点決めていてもおかしくないだろう」

    「すべては良い方向に進んでいる。時間を必要としているというだけのことだ。我々は本当に強いフットボールチームで、そこに入り込んでいくのは簡単ではないよ」

    「すべきことは、高いレベルのトレーニングを積むことだけだ。そして、タキ(南野の愛称)はまさにそれに取り組んでいるんだよ」

     すでにプレミアリーグ優勝を決めたリヴァプールで、増加するとみられるリーグ戦での出番を活かし南野はその存在をアピールすることができるだろうか。

    7/11(土) 11:38 サッカーキング
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e6cf60917b41ab155996e338408cb878f2c885ed

    【リバプールのクロップ監督、南野への信頼を強調「彼はとてもアンラッキーだ。すでに2、3点決めていてもおかしくない」】の続きを読む

    minaminotakumi20191225-thumb-800xauto-227587


    1: 名無しの雑食君 2020/07/08(水) 14:40:05.71 ID:WfreLxu39
     現役時代にアーセナルなどで活躍した元イングランド代表FWのイアン・ライト氏は、リバプールのベルギー代表FWディヴォック・オリジと日本代表MF南野拓実の2人がチームに十分な貢献をすることができていないとして批判している。英紙『メトロ』が7日付で同氏のコメントを伝えた。

     すでに今季のプレミアリーグ優勝を決めたリバプールは、5日に行われた第33節の試合でアストン・ヴィラと対戦。レギュラーのFWロベルト・フィルミーノに代えてオリジが先発に起用されたが結果は残せず、60分にフィルミーノと交代した。チームはその交代後に2点を奪って2-0の勝利を収める結果となった。

     一方の南野は、この試合での先発起用を予想する英メディアもあったが、ベンチからのスタート。リーグ戦再開後では初めての出場なしに終わった。

     フィルミーノとモハメド・サラー、サディオ・マネの不動の3トップはチームを優勝に導く働きを見せたが、リバプール攻撃陣のバックアップは不十分だとライト氏は主張。「今日のオリジやこれまでの南野を見る限りでは、彼らのことを少し心配すべきだ」と来季以降への見通しを述べている。

     オリジはすでにリバプールで4シーズンを過ごし、昨季のチャンピオンズリーグ準決勝や決勝でのゴールなどの活躍もあったが、「ベンチスタートに満足しているようだ」「リバプールファンの心を掴んではいるが、実際にはチームを助けてはいない」とライト氏。同時に南野についても「今まで見てきた限りではチームを助けていない」と評した。

    7/7(火) 19:27配信
    フットボールチャンネル
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a3d1c7472a32dc909919ab1dcfe9e8ae583fadb5

    【アーセナルのレジェンドFWが南野拓実を批判。「リバプールの助けになっていない」】の続きを読む

    このページのトップヘ