雑食サッカー情報局

管理人の趣味と興味で情報をまとめていくサイトです。

    久保建英 特集

    1: 名無しの雑食君 2020/05/02(土) 05:25:24.73 ID:+46OORaO9
    マドリーは日本の至宝を手放すのか?
     
    レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の久保建英の去就が、現地でも注目を集めているようだ。
    EUパスポートを持たない選手が3人しか登録できない「EU圏外枠」の問題もあり、現状では再レンタルが濃厚視されている久保。

    だが、現地時間4月30日にスペイン・メディア『Bernabeu digital』が、マドリー通のトマス・ゴンサレス=マルティン氏からの情報として伝えたところによると、
    ローン先の最有力候補として見られていたレアル・ソシエダは、日本代表MFではなくレガネスのオスカル・ロドリゲスのレンタルを望んでいるという。

    そんななか、マドリー専門メディア『Defensa Central』は現地時間5月1日、パリ・サンジェルマンが久保の獲得に乗り出していると報じた。
    記事によると、まだFC東京に在籍していた一年前にも契約に動き、マドリーとの争奪戦に敗れたパリSGが、再び日本の至宝の引き抜きを画策。2000万~2500万ユーロ(約24億~30億円)のオファーを検討しているという。

    フランスの絶対王者は、この18歳の才能を高く評価しており、「数か月前にもアプローチをしていた」と記事は綴っている。
    ただ、マドリーに売却するつもりはないようだ。『Defensa Central』は、トップチームに加わるには厳しい競争を強いられるとしたうえで、「クラブは経験を積ませて成長した姿で戻ってくるプランを描いている」とし、こう続けた。

    「マドリーは日本の優れたタレントを手放すのではなく、リーガのチームにレンタルすることを望んでいる」
    リーグ・アンの打ち切りが決定し、3連覇が決まったパリSGは今後、来季の補強に向けて本格的に動くことになる。はたして久保への正式オファーはあるのか。その動向は大いに注目だ。

    5/2(土) 5:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200502-00072590-sdigestw-socc

    写真
    no title

    【PSG、久保さんに対して最大30億円のオファーを検討!】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無しの雑食君 2020/05/01(金) 23:55:58.17 ID:0JPnrOgV9
    ソシエダが希望しているのは?

    レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の久保建英は来シーズン、どのチームでプレーするのか。マドリー復帰か、マジョルカでレンタルを継続か、他のクラブに貸し出されるのか。現地スペインでも関心を集めている。

    これまで取り沙汰されてきたのが、レアル・ソシエダへのレンタルだ。現在4位と快進撃を続けるチームを牽引するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーをマドリーがレンタルバックさせ、代わりに久保を貸し出すというプランだ。ウーデゴーと同じ技巧派のレフティーということもあり、後釜としてはお誂え向きと見られていた。

    ただ、マドリーがソシエダに貸与するのは、別の選手になるかもしれない。現地時間4月30日、現地メディア『Bernabeu digital』が、マドリー通で知られるトマス・ゴンサレス=マルティン氏に取材をして掴んだ情報を発信している。
     
    記事によれば、マドリーは久保のレンタルを打診したものの、ソシエダ側が要望したのは、レガネスのオスカル・ロドリゲスだという。“白い巨人”はこれを了承し、19位に沈むチームで孤軍奮闘する21歳の攻撃的MFを「貸し出すだろう」としている。

    EU圏外枠の問題もあり、レンタルが有力視されている久保。ソシエダではないとすれば、はたして何色のユニホームを身に纏うことになるのだろうか。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2291dca1bcd369592d267a8c2b865c157179f4b3
    5/1(金) 19:46配信

    【【悲報】久保建英さん、ソシエダに必要とされていない模様】の続きを読む

    GettyImages-504202064


    1: 名無しの雑食君 2020/04/19(日) 06:45:52.51 ID:hxWpJbcb9
    ジダン氏が久保建英ら4人のR・マドリード復帰を検討か 「節約」のため

    スペイン紙『AS』の電子版は4月16日、マドリーの今夏の補強プランについて報じた。

     新型コロナウイルスの影響によりクラブは経済的打撃を受けているため、比較的な“質素な”動きになるだろうと予測。トップターゲットはドルトムントのFWアーリング・ハーランドで、パリ・サンジェルマンのFWキリアン・エムバペの獲得は2021年夏になるだろうと伝えている。

     記事によると、新戦力の補強の代わりにジネディーヌ・ジダン監督が考えているのが、MFマルティン・ウーデゴー(レアル・ソシエダ)、MFダニ・セバジョス(アーセナル)、DFアシュラフ・ハキミ(ドルトムント)、そして久保建英(マジョルカ)のレンタルバックだという。4人の推定市場価格の合計は1億4500万ユーロ(約181億円)で、トップチームの戦力として組み込めれば、その分の補強費を“節約”できると報じている。

     同時に、ガレス・ベイル、ハメス・ロドリゲス、ルーカス・バスケス、マリアーノ・ディアスの放出を検討しており、合わせて1億ユーロ(約1億2500万円)以上の売却益を得られる可能性があると指摘。この節約により、来夏の“本命”エムバペの引き抜きに本腰を入れられるとしている。

     リーガではEUパスポートを持たない選手が3人しか登録できないため、久保はヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ、エデル・ミリトン、そして今冬にカスティージャに加入したレイニエールというブラジル人選手たちとその枠を争わなければならない。

     ただ、マジョルカでの活躍により、ジダン監督がその実力に注目しはじめているのは確かなようだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18139861/

    【ジダン氏が久保建英ら4人のR・マドリード復帰を検討か】の続きを読む

    このページのトップヘ