雑食サッカー情報局

管理人の趣味と興味で情報をまとめていくサイトです。

    海外情報

    sakaihiroki20161026



    1: 名無しの雑食君 2020/05/20(水) 22:29:00.15 ID:DDJJc0Q09
    フランス紙レキップは20日付で、財政困難にあるマルセイユは今夏、選手らを6000万ユーロ(約72億円)分売却しなければならないと報じた。

    新型コロナウイルス問題などによって経営不振に陥り、欧州の市場専門家は「若い選手については、30~50%の価値の下落を予想しなければならない。移籍金1000万ユーロ前後が多く、4000万~5000万ユーロは少なくなることが予想される」と説明している。

    同紙によると、マルセイユのオーナーであるフランク・マックール氏が、6000万ユーロ分の選手売却を望んでいるという。最も商品価値の高い選手は、20歳のDFカマラで、パリ・サンジェルマンが既に興味を示している。

    ビラスボアス監督の去就も選手に影響を及ぼすとしている。14日にクラブは、スポーツダイレクターのズビザレッタ氏の解任を発表し、同氏を擁護してきたビラスボアス監督の退任の可能性がある。(松本愛香通信員)

    5/20(水) 20:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-25200796-nksports-socc

    【マルセイユさん、財政難で72億円分の選手売却へ ビラスボアス監督退任の可能性】の続きを読む

    190125_wccf_liverpool_main


    1: 名無しの雑食君 2020/05/21(木) 13:18:40.07 ID:XQ7xaXr7d
    スタリッジ

    【サッカー見始めた頃のリバプールのエース】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無しの雑食君 2020/05/21(木) 22:48:11.98 ID:Fe4cTHPi9
    元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏(67)が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断している
    母国イタリアのセリエAの再開に懸念を示した。

    21日付の地元紙コリエレ・デラ・セラで、ザッケローニ氏は6月中旬の再開を目指しているセリエAについて
    「実質70日間、競技活動を停止した状態から再開するのは狂気の沙汰だ。経済的な理由、優勝争い、
    昇降格など順位決定の必要がなければ具体化はしていないだろう」と批判。「すでに選手達はロックダウン
    (都市封鎖)を経験している上に、感染者が出ればまた隔離を強いられる。心理的な負担は重い」と選手の
    メンタル面を心配した上で、感染対策のため練習試合を行わないまま公式戦を再開する可能性が高いことにも
    苦言を呈した。

    イタリア協会(FIGC)は8月20日までに今季を終了させて、来季は9月1日に開幕する方針。再開する場合は
    過密日程が予想されており、選手への心身の負担増や故障のリスクが懸念されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00000257-spnannex-socc

    【アルベルト・ザッケローニ氏、セリエA再開検討に苦言「狂気の沙汰」 選手のメンタルを心配】の続きを読む

    このページのトップヘ